ひげ脱毛は合う人合わない人がいます

自分は毎月時間の有る時に脱毛をしてもらっています。主に顔のひげ脱毛をしてもらっています。顔の脱毛と言う事で最初はやはり抵抗がありました。店員さんの話を聞いている時に、店員さんが言うには合う人と合わない人がいると言う事です。ヒゲ脱毛は痛さに加えて、赤く腫れあがる事もあると言う事で、この腫れが数日ひかない人や痛さに耐えきれなくて脱毛が出来ないと言う人もいるらしいです。自分は何とかそのような事がなかったと言いますか、多少は腫れますし痛さはそれなりにあります。ただ綺麗にしてもらえますし、脱毛してもらえば毎朝のヒゲ剃りをしなくて良いのですから、楽になると信じて我慢しているのです。大体一度の施術は30分程です。連休のある時に行って、なるべく脱毛したい部分のヒゲを伸ばしてメンズエステに行って施術してもらいます。大分ヒゲも生えなくなって来たので、そろそろ別の部分の処理も考えています。

ひげ脱毛を何パーセント処理しますか

ひげ脱毛に関わらず、脱毛する場所に関しては何パーセントの処理をしたいかという問題が脱毛前に決めなければなりません。もちろん脱毛するのですから、やるならば100パーセントと言いたいのですが、そうなると時間もお金もとてもかかってしまいます。しかもこのパーセントは目安であり、本当にどれだけのヒゲが自分にあるか完全にわかっている人等いないので、難しい問題でもあるのです。ヒゲ脱毛に関わらず脱毛する場合はある程度前金で施術のお金を支払って処理してもらうのですが、この処理の金額というのは施術を行ってもらう時間のお金なのです。ですから、ヒゲを少ししか脱毛処理してもらえなくても、時間をかけてやってもらったりするとその分のお金がかかるのです。そうなると100パーセントの処理は本当にお金がかかってしまうので、もしこれからひげ脱毛を考えているなら60パーセントから多くても80パーセントを目安に施術をしてもらうと良いです。

ひげ脱毛にはいろんな方法あります

ひげ脱毛という方法にはいろんな方法あります。1つ目は針脱毛という方法です。この方法は文字通り針で1本1本確実に毛根からダメージを与えて脱毛する方法です。1本1本ダメージを与えるので確実性は高いのですが、手間と時間がかかるのでコストが高くつくというデメリットがあります。その次は光脱毛という方法です。この方法は広範囲に光を照射するので一気に処理できると同時に痛みが少なくコストが安いというのがメリットですが、脱毛効果が薄くて何度かやり直さないとならないというデメリットがあります。3つ目の方法はレーザー脱毛という方法であります。この方法は肌に医療用の高い出力のレーザーを照射してダメージを与える方法です。ただし光よりも脱毛効果はあるのですが、その効果を出すには毛周期に合わせて実施する必要があるということ、そして出力が高いので人によっては肌の痛みがしばらく続くことを覚悟しないとならないデメリットがあるのです。いずれにしても一長一短があることを忘れてはならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*